検索してみた
やっぱり本物が欲しいのゥ

TASAKIのイヤーカフのそっくりさん(1430円)を買った結果

2021.04.18
千葉N子

TASAKIのイヤーカフ、可愛い。イヤーカフ、はあはあ(*´Д`)。

どうも、TASAKIのイヤーカフが欲しくてたまらない千葉N子です。

TASAKIのイヤーカフをTwitterで教えてもらってからというもの、欲しくてほしくてたまらないのです。

イヤーカフで検索すると出てくるのが「イヤーカフは落としてなくしやすい」というもの。TASAKIのイヤーカフもそうなのだろうか……。

私は調べに調べ、「イヤ―カフ 落とす」で猛然と検索したのですがわからなかったため、実際に購入してみることにしました。

TASAKIのイヤーカフは挟み込むようにつけます。ちょうどピアリングのような感じです。ピアリングが分からない方のために説明しますと、輪っかを開いて、耳たぶを挟み、ぐぐっと力を入れて固定する感じです。あまりぎゅうっと強く締めると、耳が痛くなってしまうので要注意。TASAKIのイヤーカフの場合は、2つ留める箇所があるので、ピアリング以上にはずれにくいのでは?と思いました。ためしに首をブンブン振ってみたのですが、びくともしなかったです。

 

とはいえ、ワタクシ。このイヤーカフを返品しました……。その理由はお値段。TASAKIのイヤーカフはお値段30万円以上……。ステディに「ちょっとごついんじゃない?」と言われたことから、購入するふんぎりがつかず、泣く泣く返品したのです。しかし、可愛いと思ったのは本当ですし、つけてみて「ウン、これなら落とさないだろう」と思ったのも本当。諦めきれず、フリマアプリのアラートをかけ「TASAKI イヤーカフ 25万円以下の場合通知」にしたくらいです。

 

なんとか似たようなものがないかしら……。そう思い、探し回りもしました。その結果、楽天でこんなイヤーカフを見つけました。

 

 

めちゃくちゃそっくりやんけ……。

 

しかし、類似のイヤーカフにはけっこう悪いレビューもついていました。挟む所がきつく、ちょっと広げるとバキンと折れてしまうというのです。うーん、やっぱり1500円で30万円ものと同等のレベルを期待しちゃあだめなのかもなあ。

結局、諦めきれず、ワタクシ、買いました。買いましたとも。
ちゅーても、30万円のTASAKI様は買えなかったので、1430円の類似のもの。
注文して、2日ほどですぐに届きました。
画像ではTASAKIのものそっくりでしたが、実物はTASAKIのものよりだいぶ小ぶり。3分の2くらいの大きさです。でもって、TASAKIのほうはピアリング形式で一度開いてから着用して絞める感じなのですが、こちらは調整するところなし。すぽっとはめる感じです。

ぶっちゃけとれそうだなあと思ったのですが、実際につけてみると意外とぴちっとハマりました。とはいえ、挟んでいるわけではないので、留めるものが欲しいわねえ……。

そのとき、ふと思い出したのが、一昔前に流行った「アイプチ」の接着剤。
その昔、お高いイヤリングを買ったとき、絶対になくしたくないと思った私は、執念の捜索の末「アイプチ用の接着剤をイヤリングに塗れば取れない」という情報を得たのでした。

↑これがすごく強力でおすすめ!

 

これだ!!!!!
そんなわけで早速、接着剤をつけて装着!若干めとめとするのはしゃーないとして、耳に装着してみると……ウンウン、落ちないぞ!!!
ためしに頭をブンブン振ってみることに。

とおりゃ~~~~~~!!!!!!!!

しかし、落ちない!!!!
イイ感じやないか!!!

本物と一緒というわけにはいきませんが、なくしてもまあよし……と思える懐に優しいアクセサリーと思えばあり……かな?


今日の買い物
満足度 ★★★
コスパ度★★★★★

注:その後、3~4時間つけっぱなしにしていたのですが、耳が若干痛くなってきました。私の耳は厚めなので、耳にちょっときつかったようなのです。

なので、留め具のところをググっと開いてもうちょっとゆるくしてみたらちょうどよくなりました。

 

 

2つのブログランキングに参加しています。
「N子、読んだよ」の代わりに下の2つのタグをポチっとしてもらえると、とても嬉しいです。更新の励みになります。

千葉N子
サイゾーウーマンで沼コラムを連載中のアラフォーウーマン。今日も頭痛と闘いながら散財する日々
おすすめ記事