寒くなったのお……

ステディに布団をはぎとられたときの断末魔

2022.10.22 / 千葉N子

最近、めっきり寒くなりましたよねえ……。

 

 

私は夜、どうでもいい服をなんとなく着て(スウェットのようなもの)をいるんですが、ステディはあったかパジャマをしっかり着こんでいます。

このパジャマ、その昔、温熱効果があると言われて購入した25000円もするパジャマなんざます。

(その時の様子はこの記事を見てね)

あのときは真夏だったこともあり、汗がだくだくに流れ、「こんなもん着てられるか~~~!!」状態だったのですが、寒くなってから着てみるとあら不思議。

ぽかぽかして、本当に心地いい!!!

そんなわけで、ステディはすっかりこのパジャマがお気に入りなんです。

で、今日も乱雑に置かれている布団の一部をぺっとはぎとり、くるまっていると、ステディが後ろからやってきてこう言いました。

 

 

ステディ「N子ちゃん、もっとちゃんと布団かけようよ」

私「えええ?」

ステディ「ほら、一回、とるよ」

 

 

 

 

 

私「ひいゃあああああああああああああああああああ~~~~~~~~~~~~~~!!!!」

 

 

私が大声を出すとステディは「なによ、そのひいやああああああああって」と笑いながら、布団をはぎました。

そして、ふぁさ~~~っとかけられるあったかい布団の数々。

はあ……あったかし、あったかし。

 

 

ステディ「きちんとかけるとあったかいでしょう?」

私「うん、あったかい」

ステディ「そうでしょう、そうでしょう」

 

 

というわけで、今日もステディのおかげでぬくぬくしながら眠れそうです。

ステディよ、せんきゅ~~~~!!

2つのブログランキングに参加しています。
「N子、読んだよ」の代わりに下の2つのタグをポチっとしてもらえると、とても嬉しいです。更新の励みになります。

千葉N子
千葉N子
サイゾーウーマンで沼コラムを連載中のアラフォーウーマン。今日も頭痛と闘いながら散財する日々
おすすめ記事