スタバでバイトしたいのう

スタバでバイトしたいと言ったら即答で「無理」と言われた話

2022.10.10 / 千葉N子

最近、私はめっきり暇なのです。

なのに、月の支払いは最低でも26万円は必要というありさま(ほとんど借金の支払い)。

「やべえええええええええええ!!!このままじゃ、外に働きにでなきゃなんねーぞ!!」と焦っているのであります。

で、『我が町 バイト募集』で検索をかけまして。

近場で働けるところを探していたんですよ。

 

 

ちょうど、スタバが人員を募集していたので、スタバならドリンクづくりが主だし、我にもできるのではないか!?と思ったんです。

で、ステディに「スタバでアルバイトしようか迷ってる」と言いました。

すると……。

 

 

 

「N子ちゃんには無理だよ」

 

 

 

とステディは即答しました。

 

 

 

はあああ~~~~~~~~~???

なに開口一番、喧嘩うってくれちゃってんのよ!

私のなにがいけないっていうの!?

 

 

 

ステディ「じゃあ、言うけどさ。今日の昼間食べた納豆のパックどうした?」

私「はて……納豆のパック?」

ステディ「食べたよね?(威圧)」

私「食べた……と思う」

ステディ「流しに出しっぱなしだったよ、納豆のパック。たぶん、食べたからどうでもよくなったんだと思うんだけど、そういうとこだよ」

私「ぐぬぬ……!!!」

ステディ「納豆のパックは食べたら、洗う!そうしないと虫わいちゃうからね。そういう気遣いができないとスタバは無理だよ。酷なことを言うようだけど」

私「ぐぬぬぬぬぬ……!!!」

 

 

 

 

まあたしかに……私と飲食店の相性は最悪だとは……思う。

はあ……やっぱ、ライターの仕事でどうにかするしかないか……。

 

 

 

ステディ「せっかく才能あるんだから、ライターで頑張りなよ」

 

 

 

 

へい・・・・・・・・・。頑張ります……。

2つのブログランキングに参加しています。
「N子、読んだよ」の代わりに下の2つのタグをポチっとしてもらえると、とても嬉しいです。更新の励みになります。

千葉N子の本

千葉N子
千葉N子
サイゾーウーマンで沼コラムを連載中のアラフォーウーマン。今日も頭痛と闘いながら散財する日々
おすすめ記事