腹がめちゃくちゃいい音で鳴るのよ

私の腹太鼓

2022.10.08 / 千葉N子

ある日、2階にあがるととんでもない寒さでした。

 

 

 

う~~~~冷えるゥ~~~~~!!!!

 

 

 

 

ステディを呼び、「灯油買いに行こうよ」と言うと、「明日でいいんじゃない?」とステディ。

バカ者!1日中外に出ているキミはいいかもしれんけど、1日中家の中にいるあたしゃ凍死しちまうよ!!!

それでもステディは「1日分くらいないかなあ」とごねるので、「今日買いに行ってくれるなら、半額払う」というと、「え!!いこいこ!!」と態度を豹変させました。

「おちゃめなたくちゃん、好きダロウ?」なんて言いながら。

で、灯油のポリタンクを持ってくるにあたり、ステディが2階に行くと、「あ~~、灯油あった~~!!」と言いながら、灯油タンクを持ってきました。

ほうほう、たしかに半分くらい入ってる!!

ステディ「明日でいいよねえ?」

私「うん、いいよ」

 

 

 

そんなわけで、暖房を焚きながら、抱き合うことにしました(?)

 

 

 

 

 

ええ、うちは定期的にぎゅーっとしあっているのよ、ラブラブ夫婦だろう?

ステディは私の腹をもみながら「おおきくなったなあ……」と呟き、次の瞬間、なにを思ったのか、私の腹を叩きました。

「ポンッ!!!!!!」

 

あら?

なんかすごくいい音が鳴った?

「ポンッ!!!ポンポンポンッ!!!」

ステディがリズミカルに私の腹を叩きながら、「どう?俺のパーカッション!」と言ってきます。

「ポポポン!!ポポポン!!!ポッポポポン!!!」

 

 

 

 

ぐぬぬぬぬ……!!

たしかにめっちゃ澄んだいい音がしてるけど、それは私の腹よおおお!!!

 

 

 

 

そんなわけで、私も知らなかった私の身体の秘密が分かりました。

『腹がすごくいい音で鳴る』

って、そんな情報いらねえええええええ!!!!!!

 

 

2つのブログランキングに参加しています。
「N子、読んだよ」の代わりに下の2つのタグをポチっとしてもらえると、とても嬉しいです。更新の励みになります。

千葉N子
千葉N子
サイゾーウーマンで沼コラムを連載中のアラフォーウーマン。今日も頭痛と闘いながら散財する日々
おすすめ記事