雨の中、彼が追いかけてきて……

【思い出のジュエリー】eteのクロスのネックレス

2022.05.20 / 千葉N子

【思い出のジュエリー】

当ブログに寄せられたさまざまなジュエリーの思い出を本人口調に直して掲載しています。

 

【マミさん(仮名)の体験談】

 

私は、もともとジュエリーに興味はなかったんです。

そんな私がジュエリー好きになったきっかけは彼氏から送られたクロスのネックレス。

18金ゴールドで小ぶりのクロスのネックレス。

eteのK18YG クロス ダイヤモンド ネックレス

その日は私の誕生日。

朝から髪を巻いて、ルンルン気分で支度をしていました。

待ち合わせの20分前に車でついて、「はやく着すぎちゃったかなー」なんて思いながら、窓の外を見ていると、雨がぽつぽつ降ってきました。

彼を拾ったら、喫茶店に行くのもいいかもなんて思うこと、30分……。

彼は全然来る様子なし。

さすがに遅刻30分も経つとイラついてきて、彼に電話したもののつながりません……。

それからさらに30分……。

何度もLINEしたのに既読にもならないし、もしかしたら、寝ているのかも……。私、今日、誕生日なのに……そんな大切な日に寝坊だなんて……。

私って愛されてないのかな。

彼にとって、私ってどんな存在なんだろう。

私の誕生日なんてどうでもいい1日と同じだと思ってるのかな。

悲しくなりながら、車のアクセルを踏んだ時でした。

「マミ―――!!」

彼の声が遠くから聞こえました。

今頃来たって遅いよ!!

すっかり腹を立てていた私は無視して車を出そうとしました。

一生懸命雨の中走ってくる彼が窓越しに見えます。

・・・・・・んもう!!!!

仕方なく窓を開け、「今さら来たって遅いよ!!」と怒りをぶつける私。

彼は泣きそうな顔で「ごめん……」と言います。

その捨てられた子犬のような顔を見ると、私もちょっとかわいそうになってしまい、びしょぬれの彼を車の中にいれてあげました。

「朝、母さんが倒れて、慌てて救急車を呼んで、一緒に病院に行ったんだ。慌ててたから、スマホも家に忘れちゃってて、どうしようもなくて、ここまで来たんだけど……」

そうだったんだ……。

私はその話を聞いて、急に自分が恥ずかしくなりました。

彼を信じてあげられなかった私……、なにかあったのかもしれない、と思えなかった……私……自分のことしか考えていなかった……。

私がなにも言えずに俯いていると、彼はポケットからなにかを取り出しました。

彼「これ、ほんとはサプライズでつけてあげたかったんだけど」

それはクロスのネックレスでした。

小さくてキラキラ光って、とてもきれいなクロスのネックレス。

私、こんなに愛されてたんだ……。

その日から、私は彼にもらったクロスのネックレスを大切に身に着けるようになりました。

昨年、病院に行った際、ネックレスを外したまま、置き忘れ、そのネックレスを紛失してしまいました。

慌てて探しましたが、時すでに遅し。

ところが彼に涙目でそのことを話すと怒ることもせず、「また買ってあげるよ」と頭をぽんぽんしてくれました。

彼「かなしかったね。いっぱい探してくれてありがとう」

結局同じものは見つからなかったけれど、彼の優しさが詰まった思い出のジュエリー。今でも心に残っています。

 

2つのブログランキングに参加しています。
「N子、読んだよ」の代わりに下の2つのタグをポチっとしてもらえると、とても嬉しいです。更新の励みになります。

千葉N子
千葉N子
サイゾーウーマンで沼コラムを連載中のアラフォーウーマン。今日も頭痛と闘いながら散財する日々
おすすめ記事