ステディ
だって、「乗るかい?」って言ったのはステディよ

ステディに「乗るかい?」と言われたので素直に乗ってみた件

2021.11.07
千葉N子

 

 

 

 

「乗るかい?」

 

 

 

 

 

ある日、床に寝転んでいたステディが私に声をかけました。

ステディはストーブのほうに足をやりながら、昼寝をしていたのでした。

「それじゃ……」と言って、乗っかろうとする私。

次の瞬間、ステディは大声で叫びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ステディ「やめろお!!肩から乗ってくるヤツがあるか~~~~~!!!!!」

 

 

 

 

 

え?

だって、乗っていいよって言ったやん。

そう、私はステディをなにか大きな乗り物と勘違いしており、肩から乗っていったのでした。

つまり、ステディのみぞおちに私の肩が入る感じ。

ステディがすっかり怯えているので、私はステディにキスをしようと思いつきました。

そして、「も~~~!!そんなにびっくりしないでよ~~~!!」と言いながら、ステディの顔じゅうにキスの嵐をすることに。

すると……。

 

 

 

 

ステディ「ヒイッヒイッ!!!僕、前歯偽物だからこわいよお!(ステディはバイク事故で前歯が差し歯なの)」

 

 

 

と震えるステディ。

ならば、と頬っぺたにキスをすると……。

 

 

 

ステディ「ヒイッ!ヒイッ!ピアスが当たるよお!痛いよおお!!」

 

 

 

だって。

ステディは震えながら「N子ちゃんは全身凶器……」と呟いていました。

むう。こりゃ、ヤマアラシのジレンマってヤツだわ。

くっつきたいのに、体がとげとげでくっつけないのよ。

自分でもたまにバングルやら指輪が引っかかって痛いこともあるのよねえ。

って、別にジュエリー外せばいいって話なんだけど、あたしのジュエリーババアとしてのプライドが許さないのよねっ!!!

 

2つのブログランキングに参加しています。
「N子、読んだよ」の代わりに下の2つのタグをポチっとしてもらえると、とても嬉しいです。更新の励みになります。

千葉N子
サイゾーウーマンで沼コラムを連載中のアラフォーウーマン。今日も頭痛と闘いながら散財する日々
おすすめ記事