もういっそのこと、借金全部忘れてくれえ!

母ちゃんが私の借金を忘れていた!!??

2021.08.22 / 千葉N子

母ちゃんから電話が来たぞ~~~~!!!!!

「母ちゃんの電話」といえば、妹から何度も何度も「不幸の電話」と教えられてきました。

母は酒に酔った勢いで電話をかけてきて、「もう家に帰ってくんな!!」だの「結婚は認めない!!」だの言ってくるそうなのです。

そんなわけで、私も戦々恐々としながら母の電話に出ました。

すると……。

「金曜日でかけない?」と上機嫌な母。

おや……?

私がいなくなって寂しくなったのかしら?

私「いいよ!どこに行くの?」

母「あんたの銀行をね、解約しようと思うのよ。ほら、もう200万円もマイナスになっているでしょう。そしたら、満期になっても利子のほうが高くなっちゃうからさ」

 

WHAT……。

母は何を勘違いしているんだ……?

あたし、360万借りたよね……?

 

私「あのう……今月末にも引き落としされるから、解約は無理だよ……?」

母「は!!??今月末にも引き落とし!!?聞いてない!!!」

私「いや、言ったよ……。最初に200万円借りたいって言って、3万円渡して、そのあと、360万円借りたいって言って、2万円渡したよ。ゆうちょの限度額が300万円だったから、お母さんにほかに60万円借りたんだよ」

母「知らないわよ!!!!!!」

 

ぐぬぬぬ……!!!!

そんなこと言ったって、あたしゃあ、今月末に80万円の支払いが残っているのよ。

ここでくじけるわけにはいかん……!!!

 

母「今すぐ解約よ!!解約!!じゃなきゃもう2度と家に帰ってくんな!!!」

私「無理無理無理!!!今月末にお金用意するのは無理―!!!」

母「このバカ!!!!」

 

ガチャン!!!!!!!!

そして嵐の如く電話は切れたのでした……。

ううう……ひどいよ、ひどいよ!!!

先々月、勇気をふりしぼって借金の申し込みをしたっていうのに、もう忘れているなんて……!!!

しかも、「もう家に帰ってくるな」だって!!!??

たった500mしか家離れてないのに絶縁かよ!!!!!!

 

そんなわけで、翌々日。

私はびびりつつも実家を訪ねることにしました。

最悪の場合、玄関先で怒鳴られたらすぐに帰ればいいし、荷物持って出ていけって言われたら、荷物を持っていけばいいもんね……。

そう思い、そろ~~~っと家に行き、部屋に入ると

 

母「ぶははははは!!!」

 

と、母が笑って出迎えたではありませんか。

説明しよう、母はとある病気を患ってから、腹が立つことがあると、たびたび笑ってしまうという習性があるのだ。この結果、空気は和やかになり、あまり大きな喧嘩も起こらなくなったのだ!

 

私「母、申し訳ねえ!!!このとおりだ!!!!絶対に借りた360万は返します!!月々10万円、もっとお金が入ったら繰り上げ返済しますので!!!」

 

そう言って、深々と頭を下げた私。

これぞ秘儀。「言い訳しないでとにかく謝れスタイル」!!!!!

 

すると、母は「ったくもう。……絶対に返しなさいよ」と言いながらも笑顔を見せてくれました。

 

 

 

ほッ……。

帰りにはそうめんやらうどんやらを貰い、いっぱいおみやげをもらって帰ることに。

嗚呼、たった数週間、家を出ただけだけど、ちょっと懐かしさすら感じる実家……。

これからもたまに母の顔を見に、実家に帰るようにしよーっと、と思いました。

母がキレていなければ……ね。

2つのブログランキングに参加しています。
「N子、読んだよ」の代わりに下の2つのタグをポチっとしてもらえると、とても嬉しいです。更新の励みになります。

千葉N子
千葉N子
サイゾーウーマンで沼コラムを連載中のアラフォーウーマン。今日も頭痛と闘いながら散財する日々
おすすめ記事