ステディ
ステディのパスタは絶品よお!

【ステディ】汁なし坦々パスタが超美味だった話

2021.06.23
千葉N子

ステディの料理の腕がぐんぐん上がっている……!!!

昨日もステディはめちゃんこうまいパスタを作りました。

それがこれ!

汁なし担々パスタ!

「今日は汁なし坦々パスタに挑戦したいんだよ~」とステディが言い、一緒にスーパーに行ったのがお昼過ぎ。

ひき肉やショウガ、ニンニク、豆板醤などを購入し、家に帰ると、私が昼寝をする横で、ステディが自家製ラー油づくりを開始しました。

嗚呼……。あたしゃ、日曜日の夫の気持ちがわかるよ……。妻が台所に立ち、なにか作っている音を聞きながらソファで横になっている時間……。なんて幸せなんだろう。

自家製ラー油ができあがったあと、揚げニンニクを試食させてもらい、私はそのお礼にステディのケツを触りました。

ステディ「エッチィ!!!」

そう、うちは完全に男女が逆転しているのです。ステディが料理を作り、その間、私がステディのケツを愛でる、というね。

パンツの間に手を滑り込ませ、ステディのケツの割れ目をなぞると、ステディがケツに力を入れて「やめてええええええ」と叫ぶのよ。

ほほほほ、うちの妻はええケツをしとるわい。

「やめて~♪愛して、ないなら~♪」

私は辺見マリの『経験』を歌いながらステディにまとわりつきました。

「愛しているから、私はやめないよ?」

すると、ステディは「いいから、やめて!!」と叫びました。

ぐへへへへへ。嫌がられると、さらに攻めたくなるわい。

そんなこんなでステディの料理を妨害しつつも、ステディがおいしい担々パスタを作ってくれたというワケ。

ステディが砕いた花椒を添えてくれたんだけど、これもまたしびれる辛さで美味!!

添えられたきくらげもコリコリしていてめっちゃ美味!!

美味オブ美味よお!!!

私が「こりゃお店の味じゃ」と喜んでいると、ステディも「やったね!」と嬉しそうに言いました。

うーむ、なんたる女子力。こんなパスタを食べさせられた日にゃあ、プロポーズしちゃうってもんよお。

 

あ、そういえば、市役所に婚姻届けを昨日持っていきました。ちょっとミスがあったので、それを直して提出すれば完成です!!

2つのブログランキングに参加しています。
「N子、読んだよ」の代わりに下の2つのタグをポチっとしてもらえると、とても嬉しいです。更新の励みになります。

千葉N子
サイゾーウーマンで沼コラムを連載中のアラフォーウーマン。今日も頭痛と闘いながら散財する日々
おすすめ記事